初めてのロックミシン - 衣縫人BL-5700EXS –

ロックミシン 衣縫人

2013年4月のお話です。

ニットソーイングを始めて1ヵ月。早くもロックミシンを購入。
手頃な価格のJUKI MO-114DMにするかベビーロック 衣縫人BL-5700EXSにするかかなり悩みました。

ネットでも色々調べましたし、ショップに問い合わせもしました。
回答は「ジューキ MO-114Dでも厚地は縫えますが、
衣縫人は縫い目の綺麗さ、使いやすさなどの精度がまるで違います」とのことでした。

確かに、「エアスルーなんてなくても大丈夫」
「エアスルーだけのために高額は出せない」との意見を多く見かけましたが、逆に衣縫人を買って後悔している人はいないという点に着目しました。

価格は確かに高いけど…ミシンは頻繁に買換えはしないようですから、最初から良いものを選んだ方がいいと、衣縫人に決めました。

私、結構【安物買いの銭失い】をしてしまったので…。


キャミソール

キャミソールはロックミシンで作ったものです。
やっぱり縫い目が綺麗ですし、
糸の交換もまったく苦になりません。

次は職業用ミシンが欲しいな…と口にしてみると、母がジューキのをくれるみたい。
古い型だけど、ただ直線縫いだから問題ないかな、と思ってます。

それにしても…
どんな趣味もそうですが、お金がかかりますね。
練習用の生地を沢山買い込みたくて、今物色中です。

お得な生地セットで犬服作り

重ね着風Tシャツとフード付きタンクトップ

02013年2月下旬のお話です。

布の店ブーケで新規限定の1500円ニットパックを購入しました。

ニットソーイングの練習用のつもりで購入したのですが、内容を確認して購入できるので、とても良かったです。



生地セット

星柄の生地はニットパックで作った作品写真をレビューに投稿する約束で頂いたおまけです。
自分では選びそうにない生地ですが、着せるとかわいくてお気に入りになりました。

重ね着風Tシャツはかなりお気に入り。
良く伸びるし、着心地の良さそうな生地でした。

ロックミシンさえあればもっと綺麗にできたのにと悔やまれますが、また作ればいいですものね。

初めての犬服作り

犬服作り

はじめて犬服作りに挑戦したのは、2013年2月のことでした。

数年前母にプレゼントされながらまったく使っていなかったジャガーの家庭用ミシンを引っ張り出し、試作品にと生地付のソーイングキットを購入しました。

tanktop1-2
出来栄えは初めてですからあまり良くありませんでしたが、二着目はまずまずの完成度で一安心。

タンクトップは買うと結構な値がするけど、作るのは驚くほど簡単でした。
当然、既製品と比べたら粗はあります。
でも安く大量に欲しいものだから、手作りできるようになってとても嬉しい。
早くもロックミシンが欲しくなりました。