トリコロールボーダータンクトップとミシンの話

トリコロールボーダータンクトップ

職業用ミシンでの1作目、トリコロールボーダータンクです。
相変わらずの無気力でせっかく購入したシュプールTL-30DXが使われないまま放置。ようやく1作目ができました。

職業用ミシン購入の記事はこちら→職業用ミシン購入

家庭用ミシンとはやはり違いますね。
布送りや返し縫いのスムーズさには感動的な違いを感じました。パワーが違う。

とは言え、今回の殆どはロックミシン(衣縫人BL-5700EXS)で仕上げているのですが。

衣縫人BL-5700EXS ブログ のキーワードで閲覧して頂いた方のために書きますが…

ロックミシンの購入を迷っている方、絶対あった方がいいですよ。
衣縫人は厚いニットでもストレスなく縫えますし、縫い目が感動的に綺麗です。買って損なし。

ロックミシン購入の記事はこちら→初めてのロックミシン - 衣縫人BL-5700EXS –
衣縫人を選んだ理由が書いてあります。



今回使用した生地はこちら↓ 裏毛ニットです。

職業用ミシン購入

職業用ミシン

JUKIの職業用ミシン、シュプールTL-30DXを購入しました。
普通の安価な家庭用ミシンからの買い替えです。

家庭用ミシンは母がプレゼントしてくれたものなのであまり悪く書きたくないのですが、厚い生地だとつかえて縫えなかったり、針が折れたり…。縫う度にストレスを感じるようになり、職業用ミシンを検討しました。

職業用ミシンを買うにあたり、候補に挙がったのはJUKI シュプールTL-30、JUKI シュプールTL-30DX、ブラザー ヌーベル470

シュプールTL-30は工業用針なのと価格が魅力的。
ヌーベル470は価格と多機能さが魅力でした。
しかしシュプールTL-30DXの針定位置停止・針上下機能にはミシン停止時の針の位置を下で停止する以外に長押しすることでゆっくり進む機能があり、犬服のような小さなものを縫うには最適です。
針が家庭用なのはちょっと気がかりでしたが大きな決め手となりました。

購入したセット内容は「ボタンホールDXセット」と「サブテンションとキット」。

自動糸切り機能は要らないかな…と思っていたけれど、やっぱりあると便利です。
サブテンション付きにしたこともあり、今までのミシンより糸かけが複雑になりましたが、慣れれば問題なし。
でも自動糸通しは面倒で、普通に自分で通した方が早そうな気がしました。

音は皆さん静かとレビューされているのですが、私はうるさく感じました。
前のミシンが静かだったので、それよりは音が響きます。
集合住宅では深夜の使用ができるかどうか… 苦情が来ないことを祈ります。
…と言うか、深夜にロックミシンを使用しても苦情が来てない。だから大丈夫かと。

夫は「とても10万円するミシンには見えない」と言うけれど、私は見るからに凄いミシンと思いました。
今までのは小さかったですから。

縫い目の綺麗さは…
白地に生成色の糸で試し縫いをした間抜けな私。綺麗かどうか確認できていません。。
でも生地送りがスムーズで快適だったのは確信しました。

とにかく1着仕上げてみないと。
近々作る予定ですので、その後また追記しようと思います。


2013年11月8日 追記
縫い目の綺麗さについては前のミシンと比べ、感動的な変化は感じませんでした。
ロックミシンとジグザグ縫いの違いは感動的でしたが。

ただ、布送りはスムーズでパワーもあり、やはり家庭用ミシンより優れていると思います。


シンプルなボーダータンクトップ

ボーダータンクトップ

すっかり秋になりましたね。犬服も着せやすい季節になりました。

ここのところ気乗りがせず犬服作りをサボっていましたが、ようやく重い腰をあげて一着完成。
黒とグレーのシンプルなボーダータンクトップです。

どうやらフード付きの方が人気みたいですが、着用犬種はパピヨンなので、服はシンプルな方が似合います。耳の飾り毛とフードが喧嘩してしまうのです。

でもスムースチワワならどんな洋服も似合いますよね。
一度は一緒に暮らしてみたいな…と思いつつ、やっぱりパピヨンを選んでしまいました。
私にはパピヨンが合っているみたいです。(今の子で3代目)


それはさておき、
今回の生地は初挑戦の接結ニットを使用。水通しはしないで縫いました。

ハンドメイドでは水通ししてから裁断するようですが、私はしない派。
水通しをしたらその時点で新品とは言えなくなりますし、ニット生地は縮んでもまた伸びますから、不要だと考えています。

その代わり、一晩から数日間、アイロン台に生地を広げてクセをなくしてから裁断。縫製しています。

もし使用する生地が伸縮性のない布帛なら少し大きめに作ればいいですし、お洗濯後も問題なく着られています。

型紙はmilla millaさんのМサイズを使用。
うちの子(パピヨンのカミーユ)には少し大きめですが、洗うと丁度良いサイズになります。

milla millaさんの本、かなりおススメです。

トマト柄とレモン柄のかわいい手編みセーター

トマト柄とレモン柄のセーター

水玉みたいに見えますが、実はトマト柄(右)とレモン柄(左)のかわいい手編みセーターです。

実はこれ、母の作品であり私のではありません。
私はと言うと、連日続く無気力と闘う日々で長いことミシンに触れていません。
そろそろ秋冬ものを作らないと、パピヨン・カミーユの着るお洋服がない。

今年もペットパラダイスでダウンが欲しいけど、サイズに問題が…。
SSとSの中間なので、どちらを選んでも合わなくなってしまいました。
ここは自分で作れるものは作らないと…なのでした。

パピヨン・カミーユ

カミーユが着るとこんな感じ。レモン柄がお気に入りです。

母は編み物が大好きで、カミーユに沢山編んでくれています。
洋裁も得意だったけれど、目の老化で糸通しが辛いらしい。さっぱり縫わなくなりました。

私は編み物は未経験ではないのですが、どうも性に合わなくて。。
途中で飽きてしまうのです。最後に編んだのはいつだったか…。

それはさておき、このかわいい2着のセーターは下記の本に載っています。
確か、ちいさな犬のセーターとグッズの方だったと思うのですが、母にあげてしまったので…。
でも、どちらを買ってもかわいいセーターばかりで、あれもこれも編みたくなると思います。
編み物が苦手な私でさえやってみたくなりましたから。(実践してませんけれど)


フラワーボーダーキャミソール

フラワーボーダーキャミソール

ボーダーに小花柄がとてもかわいいキャミソールです。
ここのところ集中力がなく、仕上げに大変神経をつかいましたが、なんとか仕上がりました。

フラワーボーダーキャミソール

生地は天竺ニットで市販のニットテープで縁取り。
実はこの生地、一目惚れして大量購入してしまいました。

この前にもTシャツを作っているのですが、パジャマっぽくなってしまいまして…
ラグラン袖で紺色無地を使ったり、なにかアクセントがあった方が綺麗に仕上がるようです。

この生地を気に入った方のためにご紹介したいのですが、生憎同じものは完売しておりまして、色違いが販売されています。
このお色なら…私ならパープルが欲しいです。